生活

生活 · 02日 7月 2019
ハーバード大学が行った約80年にもわたる700人以上の人生を記録した『成人発達研究』で明らかになったのは、人間の幸福にとって最も大切なものは何かという問いに対する答えが、『良い人間関係』という結論を出しました。幸福だと脳内ホルモンが良好で、免疫システムも良好に機能し、体調も良い状態に保たれ、病気にかかりにくかったり、かかったとしても回復しやすい状態になります。慢性腰痛やパーキンソン病といった症状も、今までの人生における人間関係の不具合が原因になっていることも考えられます。今回は健康になるための人間関係の築き方というテーマでお話します。
生活 · 26日 6月 2019
環境を変えるだけで、人間は行動が変わります。出来る範囲で環境を変えるだけで、不健康から健康に向くこともできます。パーキンソン病や癌など、そして腰痛や肩こり・頭痛の方も、今回紹介する『自然』と言った環境を活用することで、より健康的になると思います。そこで整体などを上手に活用して頂ければと思います。
生活 · 24日 6月 2019
私たちは腸によって生かされていると考えても大げさではないと思います。人間は腸でモノを考えるとか、腸が脳に信号を送って体調管理をしているということが言われるようになりました。腸で血液がつくられるという書物もたくさんあります。腸の環境が変わったことでアレルギーが増えたという研究報告もあります。今回は、腸内細菌にテーマを絞って、腸内細菌の重要性とその殖やし方をお伝えします。もし、パーキンソン病や慢性疲労症候群、慢性痛、頭痛、腰痛、肩こり、悪性腫瘍、疲れが取れにくいなどの症状でお困りでしたら、まずは腸内細菌に注目した生活をベースとしていただけたら嬉しいです。
生活 · 21日 6月 2019
原因不明の症状、パーキンソン病(症候群)、慢性腰痛、慢性頭痛、寝ても取れない疲れ、慢性疲労症候群なども、その原因になっているのが『不安』(ぼんやりした不安)となる事は多いようです。不安が体内で炎症を引き起こし、それが症状として出てくる。薬を飲んだり検査を受けたりすること以外に、自分が何に対して不安を持っているのかを内面に聞くこともとても大切です。今回は、不安と炎症というテーマでお伝えしていきます。
生活 · 13日 5月 2019
あなたの身体は数十万年前、いや数百万年前からそれほど変わっていません。人間の身体の変化は徐々にしか起きません。もちろん私の身体もそうです。それなのに、今では原因不明の病気も増えまた。難病も減る兆しはありません。原因のわからない不調も多くの人が抱えており、慢性腰痛や頭痛と言ったものも国民病と言われるくらい多くの人が困っています。これは文明の変化に身体の変化が追いつかないために起きる病気・不調と考えると納得できる部分も多々あり、病気が回復するための治療の考え方、生活の仕方においても多くのヒントをくれます。今回は『多すぎるモノ』『少なすぎるモノ』『新しいモノ』についてお伝えします。生活を変えると健康も良い方向行くと思っています。
生活 · 10日 5月 2019
人間と猿人の中間が生まれたのが、今から680万年~700万年前。そこから農耕生活をするような石器時代が始まるまでの1万~2万年前まで、私たちは600年以上にわたって狩猟採集生活を続けてきました。今でもそれを受け継いで生活している民族もいます。狩猟採集時代と現代(日本)の生活を比較することで、病気の原因とその対策を考えていきます。パーキンソン病や難病を始め、慢性腰痛や慢性肩こりなどの原因の一端もそこにあると確信していますので、参考にしてください。
生活 · 10日 12月 2018
特に一人暮らしだとシャワーだけで済ませる方が多くなっていると聞いたことがあります。身体をキレイにするだけならシャワーでも良いかもしれませんが、実は身体にとってシャワーだけではもったいない理由がたくさんあります。今回はその代表的な理由をお伝えします。
生活 · 09日 11月 2018
身体のバランスが崩れると筋肉が収縮したり血管が収縮して循環が悪くなります。この状態では健康な人は病気になりやすいですし、病気な人は健康になりにくい。スポーツをやっている人はパフォーマンスが出にくい(低下している)状態になります。では、バランスって何でしょうか?今回お伝えするバランスとは、前後・左右のバランスではありません。でも、前後・左右のバランス以上に大切なバランスです。
生活 · 30日 10月 2018
病気や不調の多くが自律神経から説明することが出来ます。もちろん、それは自律神経の反応との関係性からの説明ですが、これを知るだけで自分自身の生活を改善しセルフケアにつながります。健康への回復は意識・生活改善なしには成り立ちません。今までの生活(生き方)が今の病気の原因となっていると考えれば、これからは健康になるための原因づくりをしていきましょう。
生活 · 17日 10月 2018
日本の若者は外国に比べて自己肯定感が低いことが知られています。大人ではなおさら多い状況です。自己肯定感が高いと人生を幸せに過ごせますが、自己肯定感が低いと悲観的・自己否定的な思い込みを強く持ちやすくなってしまいます。自己肯定感を高めるには、その前に自己受容が必要となります。

さらに表示する